CBDリキッドを吸いすぎるとどうなる?一日の摂取量の上限について

CBDリキッドを吸いすぎるとどうなる?一日1,500mg以上でもオッケー

違法薬物などの場合は、大量に摂取をすると死亡すると言うことも少なくありません。その濃度によっても異なりますが、数ミリグラムで致死量に至ることも多くなっています。

そのため、CBDも大量摂取をすると致死量に格と考えている人も多くなっていますが、実際には文献によると最大一日1,500mgを摂取しても安全であると言う報告もあるため、特に大量摂取をしても問題ないと考えられています。

基本的にCBDは非常に安心して使用することができるものであり、覚醒成分などが含まれていないため極端に神経などを刺激することもありません。

しかし、その用途はリラックス効果を得るためのものであるため、大量に摂取をしてもその効果が向上する事はなく、単純に無駄になってしまうものである点に注意をすることが必要です。

一般的には自分にとって最適な量は人それぞれ異なるため、まずは少量から試して少しずつ増やすことが重要です。

一日10~15mg程度から始めて、豪華な感じられなければ1滴ずつ増やしてみるのが良い方法とかっています。

リラックス高価な感じになれたらそれが適量となるため、その分量を使い続けることが必要です。

ただし大量に摂取すると体内に蓄積する量が増えるため、体調不良などの症状を発生させることには注意をすることが必要です。

CBDは蓄積される?2日から5日程度体内に蓄積される

CBDは体内に吸収されますが、文献によると2日から5日程度体内に蓄積されると言う研究もあります。

ただしその日数は人によって異なるため、一般的な成分と同じようにその人の体質や体調によっても異なり、さらに使用した総量によっても異なるため、確実な日数と言うのはないと考えて良いものです。

一般的には使用している期間が長いほど体内に残りやすくなるほか、1度の摂取量が多い場合でもその量が多くなります。

そのため、体調が芳しくない日に利用するとそれだけ残りやすくなるということが言えるのです。

また痩せている場合と見比べて肥満体質の方が残りやすくなることがわかっています。これはCBDが体脂肪に吸収されやすい傾向があり、脂肪とともに蓄積される傾向が強くなっているためです。

さらに空腹時の方が吸収や分解が促進される傾向にあるため、空腹時よりも満腹時の方が残りやすくなっていると言うことも注意が必要です。

CBDが体内へ残ることが気になる場合には、これらの要因に注意をすることが必要です。

これらの状況によって蓄積日数は大きく異なるため、気になる場合には食後に利用しないと言う点や、肥満体質の場合には注意することなどが注意点となっています。

CBDオイルに中毒性はない!動物実験や治験で中毒性がないことが確認されています